エリクシール

【50代でも使える?】エリクシール導入美容液の対象年齢は?

多くの化粧品は対象年齢が決められていることが多く、自分の年代に合ったものを使うことで肌悩みを解決することができます。

エリクシール導入美容液の対象年齢はいくつなのでしょうか。

「対象年齢は何歳?」「50代でも使えるの?」

といった疑問をお持ちの方に、エリクシール導入美容液の対象年齢について紹介していきます。

エリクシール導入美容液の対象年齢を調べてみた

エリクシールシリーズのCMは大人気女優の篠原涼子さんが務めています。

そんな篠原涼子さんは現在40代。

化粧品だけでなく洋服や医薬品、食料品などすべてその商品に合った年代の方を広告に起用することが多いです。

エリクシール導入美容液は「30代・40代」を対象年齢としているため、40代である篠原涼子さんを広告に起用しています。

ほとんどの場合30代前半から毛穴やたるみ、シワなどの肌悩みを感じることが多く、その肌悩みを解決してくれるのがエイジングケア効果のあるエリクシールなのです。

対象年齢でなくても使える?50代や60代が使ってもいいのか

エリクシール導入美容液の対象年齢は30代・40代ですが、対象年齢ではない50代や60代が使ってもいいのかと悩まれる方も多いと思います。

対象年齢は30代・40代ですが、実は年齢と肌状態というのは一致しません。

肌状態が年齢より下の方もいれば上の方もいるので、化粧品の対象年齢で購入を決めるのではなく自分の肌状態によって購入するといいでしょう。

なので、エリクシール導入美容液は50代や60代が使ってもOK!

けど10代や20代前半のエイジングサインを感じていない年代が導入美容液を使っても、エイジングケア効果を感じることはできないでしょう。

10代や20代前半はニキビや毛穴の開き・詰まり、乾燥に悩むことが多いです。

ニキビや乾燥に効果のあるスキンケア商品や毛穴の悩みを解消できる洗顔料、パックなどを使用することをおすすめします。

エリクシール導入美容液が向いているのはどんな人?

導入美容液は対象年齢ではなく自分の肌状態で購入するのがベストですが、実際にどんな肌状態の人が導入美容液を使うのに向いているのでしょうか。

●化粧水がなじみにくい●
いつも通りのケアをしているのに化粧水の浸透が悪くなってきた場合、乾燥によって肌がかたくなっていることが考えられます。

肌が乾燥することによりバリア機能が低下し肌トラブルが起きやすくなったり、肌がかたくなりどんなに化粧水を重ねても保湿されません。

導入美容液には炭酸が入っており肌をやわらかくほぐして化粧水の浸透率をアップすることができるのです。

●顔色が悪い●
肌の血色が悪くメイクのりも悪くなってしまう肌のくすみは様々な原因が考えられますが、一番多いのは血行不良によるもの。

エリクシール導入美容液のパチパチ炭酸泡には血行を促進させ、肌のくすみを改善する効果があります。

血行がよくなることでメイクのりも良くなりますし、顔色がパッと明るくなり実年齢より若く見られることでしょう♪

エリクシール導入美容液の効果をアップさせる方法

導入美容液のエイジングケア効果を上げたいなら、エリクシールをライン使いするのがおすすめ。

ライン使いをすることによって相乗効果が高まり自分が理想とする肌へと導くことができるのです。

また同じ成分や似た成分を配合しているものがライン展開されるので、肌トラブルが起きにくくなるといったメリットも。

ちなみにエリクシールの基本ケア商品は「リフトモイストローションT(化粧水)」「リフトモイストエマルジョンT(乳液)」「デーケアレボリューションT(朝用乳液)」になります。

エリクシールをライン使いして理想の肌を目指していきましょうね♪