エリクシール

【導入美容液を比較】エリクシールとソフィーナの違いとは?

エリクシールの導入美容液とソフィーナの導入美容液はどちらも人気商品のため、どちらを購入しようか悩む方は多いでしょう。

どんな違いがあるのかチェックしてから、どちらを購入するか決めたいですよね。

「エリクシールとソフィーナはどこが違うの?」

と疑問をお持ちの方に、エリクシールとソフィーナの導入美容液の違いを紹介していきます。

炭酸泡に違いはある?使用感を比較してみた

エリクシール導入美容液

粗めの泡で肌にのせるとパチパチと泡がはじけます。

マッサージしながら広げるとすぐに浸透していきますよ。

炭酸泡のパチパチ感によって刺激を感じることがありますが、すぐに引いていくので安心してください。

ソフィーナ導入美容液

キメ細かい濃密泡なので肌にのせてもパチパチしません。

肌にのせると乳液状になりすぐに浸透していきます。

ソフィーナはパチパチ感がまったくないので、炭酸泡独特の刺激が苦手という人におすすめですよ。

炭酸泡独特の刺激が好きという人はエリクシールがおすすめ。

コスパがいいのはどっち?価格と使用期間を比較してみた

エリクシール導入美容液

価格は3,190円です。
内容量は90gで朝晩使った場合は約1.5か月もちます。

ソフィーナ導入美容液

本体は5,400円(税込)でレフィルは4,860円(税込)、ビッグサイズ(レフィル)は9,180円(税込)です。

本体とレフィルの容量は同じく90gで朝晩使った場合、約1.5か月もちますよ。ビッグサイズはその2倍の180gで約3か月たっぷり使えます。

エリクシールとソフィーナは内容量と使用期間は一緒ですが、価格を見比べてみるとエリクシールのほうが安いですね。

けどソフィーナは本体以外にもレフィルがあったり、ビッグサイズもあったりと種類が豊富です。

使い方に違いはある?使い方を比較してみた

エリクシールの導入美容液もソフィーナの導入美容液も朝晩の洗顔後、化粧水前に使用する点は一緒です。

洗顔後すぐに使用することで肌がやわらかくなり次にのせる化粧水のなじみがよくなります。

また炭酸の効果で血行を促進しくすみのない明るい肌へと導いてくれるのです。

エリクシールもソフィーナも基本的な使い方は一緒ですが、肌にのせる前の工程が少しだけ違いますよ。

エリクシール導入美容液

容器を横にしてしっかり左右に振り、手のくぼみに適量スプレーして泡を手のひらで軽く広げます。

顔全体になじませて終了。

ソフィーナ導入美容液

容器を振らずに手のくぼみに適量をスプレーし、泡をつぶさないように顔にのせて充分になじませ終了。

エリクシールは容器を振ったり手のひらで泡を広げる必要がありますが、ソフィーナは容器を振らないですし手のひらで泡を広げなくていいのです。

どこに売っている?販売店を比較してみた

エリクシール導入美容液

全国のドラッグストアや化粧品専門店、デパート、スーパーなどの店舗で取り扱っています。

またワタシプラスや楽天、Amazonなどの通販サイトでも取り扱いされているのです。

ちなみにワタシプラスは導入美容液1品だけの購入でも送料無料ですし、たくさんの決済方法から選ぶことができますよ。

ソフィーナ導入美容液

一部のドラッグストアやスーパー、イオン、化粧品専門店、ソフィーナビューティパワーステーションなどの店舗で取り扱っています。

通販サイトだとアマゾンや楽天、アットコスメショッピング、ドラッグストアの各オンラインサイトなどで買えますよ。

エリクシールは多くのドラッグストアで販売されているため、買い物のついでに立ち寄ったりと気軽に買うことができます。

けどソフィーナは一部のドラッグストアにしか売っていないですし、エリクシールに比べると取り扱い店舗数は少ないです。