エリクシール

【必見】ソフィーナ土台美容液の捨て方・保管方法の注意点まとめ

ソフィーナの土台美容液はエアゾール製品のため、捨て方や保管方法で注意しなければならないことがたくさんあります。

安全に使うためにも注意点をしっかり守る必要がありますよ。

「捨て方は難しいの?」「どうやって保管したらいい?」

といった疑問をお持ちの方に、ソフィーナ土台美容液の捨て方・保管方法について紹介していきます。

捨て方は超簡単?ソフィーナ土台美容液の捨て方

●本体のキャップ・肩カバー・白いリングは捨てない●
土台美容液には本体のほかにつけかえ用があります。

つけかえ用は本体についているキャップ・肩カバー・白リングをつけかえ用に取り付けることで、使うことができるのです。

キャップ・肩カバー・白リングを捨ててしまうと、せっかくつけかえ用を買っても使うことができないので注意しましょう。

必ず3点を取り外してから本体を捨ててくださいね。

●ガスを抜いてから捨てる●
土台美容液を使い切ったら火の気のない屋外でガス抜きしてから捨てましょう。

まわりに火の気がないかよく確認してからガス抜きしてくださいね。

スプレーを噴射して「シュー」という音が聞こえなくなったらOK。

●必ず使い切ってから捨てる●
ソフィーナ土台美容液は必ず中身を使い切ってから捨てるようにしましょう。

土台美容液の捨て方で一番大切なポイントなので、よく覚えてください。

中身が残っている状態で捨ててしまうと、ごみ回収のときや廃棄物処理施設での作業中に引火する恐れがあります。

ソフィーナ土台美容液が肌に合わなかった場合など使い切る前にやむを得ず捨てる場合は、風通しのいい屋外で中身を出しきってください。

吸収性のある新聞紙や布、ティッシュに吹き付けることで、飛散するのを防ぐことができますよ。

屋内では絶対に中身・ガスを出さないでください!

しっかり窓を開けて換気したとしてもガスが下にたまっていることもあり、引火事故を引き起こす恐れがあります。

高温の場所は危険?ソフィーナ土台美容液の保管方法

土台美容液の捨て方を知ることは安全に使うためにとても大切ですが、保管方法を知ることもとっても大切なことです。

●温度の高い場所に置かない●
直射日光が当たる場所やストーブ、ファンヒーターの近くには絶対に置かないでください。

温度が40度以上になる場所に置いてしまうと缶の内部のガスが高温になり、気体が膨張して爆発する危険があります。

特に注意してほしいのが車の中。

炎天下の車の中に土台美容液を放置するのは絶対に止めてくださいね。

●子供の手が届く場所に置かない●
お子さんのいるご家庭の方はソフィーナ土台美容液の保管場所に十分に注意しましょう。

子供の手が届く場所に置かないようにしてください。

子供はいろいろなものに興味を持つため、いつもお母さんが使っているものは何だろうと興味津々に手を伸ばしてしまうもの。

誤ってスプレーを噴射すると目や口に入ることがありますし、部品を飲み込んでしまう危険があります。

ソフィーナ土台美容液の捨て方・保管方法で疑問がある場合は・・・

土台美容液の捨て方や保管方法についてもっと詳しく知りたい、疑問なことがあるという方は花王の生活者コミュニケーションセンターに電話しましょう!

どんな疑問や相談にもやさしく丁寧に答えてくれますよ。

電話番号:0120-165-692(受付時間は平日9:00から17:00)

土曜・日曜・祝日・年末年始はお休みとなっているので電話は繋がりません。

電話が苦手という方は花王ホームページにある「お問い合わせフォーム」を利用するといいでしょう。

ソフィーナ土台美容液が目や口に入ってしまったり、子供が間違って製品を誤飲・誤食などしてしまったなど応急処置の相談は「花王緊急受付センター」に電話してください。

花王緊急受付センターの電話番号:03-5953-9700